トラネキサム酸とハイドロキノンの違い

トラネキサム酸,ハイドロキノン,差

シミ・ソバカスに効果的なトラネキサム酸

トラネキサム酸とハイドロキノンの違い

トラネキサム酸,ハイドロキノン,差

 

日本の美病舎などでは、トラネキサム酸とハイドロキノンをお互い製法始める箇所が多いのです。

 

どちらかと言うと、トラネキサム酸は肝斑手当て、ハイドロキノンは美白効果に加えて、UVによるシミ、肝斑、面皰跡のシミ、そばかすなどに効果が期待できる美白クリームなのです。

 

ハイドロキノンは、米国で二十時上記も前から医療機関で美白効果やシミを無くすために使用されてきた美白原料です。

 

主にイチゴや麦芽、コーヒーや紅茶などに含まれている生れつき原料としても知られていると思います。

 

トラネキサム酸,ハイドロキノン,差

 

ハイドロキノンはメラニン色素を作り出して得るチロシナーゼの用途を阻害し、シミが伸び悩むようにしていただけるだけなく、既にできてしまっているメラニンを還元して漂白もしてくれる作用がある美白原料としてその名称が知られたのです。

 

そうして、ハイドロキノンはシミを取り去る効果が強烈ので、アメリカの病棟などでは5~10%の高濃度で処方されることもあるのです。

 

ただし、効果が良いというメリットがある反面、お肌に関する原動力がどうしても力強い商品としても知られているのです。

 

西洋やつはがんらいの肌色が邦人と比べると白いですし、日本に比べると海外のほうがUVが強い事が多いため、ハイドロキノンによる件、UVの影響を受け易くなってしまうので、ハイドロキノンを塗った後の人肌の炎症が問題となっていました。

 

トラネキサム酸,ハイドロキノン,差

 

そのため、米国ではこういった外傷を切り詰める為に濃度を下げて使用するようにコントロールされたのです。

 

ただし、ハイドロキノンのアドバンテージは、とうにできてしまったシミも漂白できる作用がある先なのです。

 

私たちは連日UVを浴びていると思いますが、こういうUVがシミをつくる最大の動機なのです。

 

そのため、UVを浴びてシミができないようにしたとしても、シミ方法化粧品(日焼け止めなど)を使わずに外出してしまうと、やにわにシミ予備軍が叶うのです。

 

トラネキサム酸,ハイドロキノン,差

 

代謝で人肌の公に現れるのを待たなければ、そうして叶うシミ予備軍は本来ば消せないのです。

 

但し、ハイドロキノンは低く見えてきたシミにも作用してくれるので、とっくに出来てしまったシミという、後でもらえるであろうシミに作用する効果があるのは嬉しいですよね。

 

お風呂乗りや、就寝前などの夜、UVを浴びないタイミングにお肌のシミが気になるところに塗れば、寝ている間にシミに働きかけてくれるので効果が期待できるのです。

 

トラネキサム酸HOMEへ